CONTACT

AmbassadorPich×Event Vol.1 relationshipー繋がりの中から生まれるものー 2021年8月18日実施@WeWork御堂筋フロンティア

今年もはじまった女性起業家応援プロジェクト「DISCOVER MYSELF」、前半は歴代ファイナリストであるアンバサダー3名によるデモピッチ、後半はゲストによるキーノートスピーチという2部構成。第1回目のテーマは「relationshipー繋がりの中から生まれるものー」。アンバサダーはLED関西をきっかけに、たくさんの人や企業との出会いがありました。事業を進めてくる中で生み出された繋がりによって、彼女達はどう成長し、これから何を目指していくのか。LED関西当日と同じ5分間のプレゼンテーションで彼女達のこれからをみなさまにお伝えしています。

 また、後半は株式会社OMOYA 代表取締役社長 猪熊 真理子氏によるキーノートスピーチ「relationshipー繋がりの中から生まれるものー」。

 

ゲスト
株式会社OMOYA 代表取締役社長 猪熊 真理子氏

東京女子大学文理学部心理学科卒業。学生時代に女性の自信形成に興味を持ち、心理学を学ぶ。認定心理士の資格を取得。2007年(株)リクルートに入社。「ゼクシィ」や「Hot Pepper Beauty」などの事業で事業戦略、ブランドプロモーション戦略、マーケティングなどに携わる。会社員の傍ら、「女性が豊かに自由に生きていくこと」をコンセプトに、講演やイベント、セミナーなどで女性支援の活動を行い、高校生から70代の女性まで延べ4千人を超える女性たちと出逢う。2014年2月にリクルートを退職し、3月に株式会社OMOYAを設立。株式会社OMOYAでは、主に女性消費を得意とした、経営・ブランドコンサルティングや企画マーケティング、組織のダイバーシティ・マネジメント改革、企業内の女性活躍推進などを行う。経済産業省「平成28年度地域創業促進⽀援研修」講師、「平成28年度中国地域中⼩企業・⼈材コーディネート事業」ダイバーシティ経営セミナー・ファシリテーターなどを歴任。多様な価値観の多様な幸せを女性たちが歩めるような未来を目指して女性のキャリアや心理的な支援活動などを行っている。著書に『「私らしさ」のつくり方』。オンラインサロン『自信を持てる私になるためのコミュニティサロン「私らしさのつくりかた」』2020年7月に男児を出産し、1児の母。(大分市在住。場所に捉われない働き方として、大分⇔東京の二拠点生活を実践中)

第6回Finalist 日本農業株式会社 代表取締役 大西 千晶氏


1990生まれ。株式会社プリローダ・日本農業株式会社代表取締役。現在の農業に関する諸課題を解決することは、若い世代の農業者を増やすことだと感じて神戸大学在学中の2010年、20歳の時に農業事業で起業。プライベートでは、1歳と3歳の男児の母。

第5回Finalist 株式会社With Midwife 代表取締役 岸畑 聖月氏


1991年生まれ、香川県出身。大学時代に起業を経験し、助産学と経営学を学ぶため進学。京都大学大学院修了後、大阪市内の総合病院で助産師として働きながら、並行して中絶/虐待/産後うつなどの社会課題を院外でも解決できればと2度目の起業を決意。現在は企業に勤める女性やその家族を中心に社員全体の健康と家族を支援する「The CARE」(旧顧問助産師)としての働き方を構築中。また助産師のためのコミュニティも運営し、病院雇用だけにとらわれない助産師の新しい働き方も提供している。

2019年ビジネスプラン発表会LED関西第5回ファイナリスト/2020年RICOHアクセラレータープログラム採択など。

第3回Finalist 株式会社minitts 代表取締役 中村 朱美氏

1984年 京都府亀岡市生まれ。 専門学校の職員として勤務後、2012年9月に飲食事業や不動産事業を行う「株式会社minitts」を設立。1日100食限定をコンセプトに、 美味しいものを手軽な値段で食べられるお店「佰食屋」を行列のできる人気店へ成長させる。

「1日100食限定」というお客さまにも従業員にもそして環境にも優しい経営の実現により、第32回人間力大賞農林水産大臣奨励賞、ForbesJAPANウーマンアワード2018新規ビジネス賞、日経WOMANウーマンオブザイヤー2019大賞等数々の賞を受賞。この不安定な世の中を生き残っていくために考え抜いた経営手法や『佰食屋』の運営に込めた「想い」や「優しさ」が人々の共感をよんでいる。

一覧に戻る